子育てをしながら仕事をする際に知っておく事を伝えます!

看護師と保育士が常駐している託児所があれば良い!

産後のママが仕事復帰する場合には子供がいない場合と比べると周りの理解が必要となります。子供は最初はよく熱を出すので、仕事の途中で帰らなくてはならないからです。ベストは職場に看護師と保育士が常駐している託児所がある事です。このような託児所が職場にあると子供が病気になっても託児所で対応してもらえるので、安心して仕事を続ける事が可能です。服薬が必要なな場合でも薬剤を持参すれば服薬もしてもらう事ができます。

短時間労働でもOKです。

看護師や保育士が常駐している託児所がない場合でも、短時間労働を導入している職場だと何とかなります。短時間労働だと普通の労働の半分くらいの労働時間ですみます。職場以外の保育所に預けている場合発熱したら保護者に対してすぐに呼び出しの電話がかかってきますが、ほとんどの保護者では短時間労働が終了するくらいまでは、看護師がいない保育園でも見てもらえる場合がほとんどです。万が一急変したら小児科に連れて行く事もできます。

有給休暇や振替でも良いでしょう!

短時間労働にも対応していない場合には有給休暇を利用するのも一つの方法です。有給休暇は職場側に特別な理由がない限り必ず認めなければいけません。そのため通常の場合だと保育所から発熱などをして緊急で呼び出しがあった時には仕事を打ち切り、保育園に向かわせなければいけません。職場によっては休日を振り返る事が可能な場合もあり、有給休暇が全くない場合でもそのような作業を許してくれる職場も以外にたくさんありますよ。

主婦のパートは短時間から出来るので、家事や子育ての合間に働けます。時間を有効活用しつつお金を稼ぎたい人におすすめの働き方です。